5月~10月ピークを迎えるサルモネラ属菌は、鶏肉・鶏卵、動物腸管内、河川・土壌、自然界に広く分布する。生卵を食べる限り、サルモネラからの完全防御は不可能とも言われている。調理器具や手によって菌の感染は次々と広がり、原因食材が広いのが特徴です。

 グラタン、巻き寿司、サンドウィッチ、タルタルソース、マカロニサラダ、シュークリーム、すっぽん、乾燥イカ菓子、ハンバーグ、ブロッコリーサラダ、自家製アイスクリーム…

 6時間~72時間の潜伏時間の後、下痢・発熱・嘔吐・腹痛、全ての症状が現れる。菌が強いので集団性もあり、最近では原因不明となる事もあまりなくなってきた。賄いで多い「玉子かけご飯」は、6月~9月、避けて下さい。

※さらに詳しくは、『衛生管理講座』eラーニングを受講してください。